ピョンチャンオリンピック開催・花成誘導

2月9日(金)ピョンチャンオリンピックが韓国で開催しました。

アジアでは1998年の長野オリンピック以来だそうです。

時差がないのは寝不足にならないから良いことです。

「光周性」について、前回まで春化とは日長や温度などの刺激で成熟へと誘導されたながら花芽形成に影響される形態に「温周性」「光周性」 があります。

日の出から日没まで1日の日長の季節の変化を植物が感じ取ることができる植物の制御機能です。

普通1年で最も日が短いのは冬至、最も長い日が夏至ですが、花芽形成が促進、或いは制御する範囲はそれぞれの植物の条件で導かれます。

質的短日植物、(通常時間以上の夜が継続すると着花)、

量的短日植物、(一定期間短日が続いたのち長日が与えられると着花)、

質的長日植物、(通常時間以上の夜が継続すると着花しない植物)、

量的長日植物、(一定期間長日が続いたのち短日が与えられると着花)、

中性植物、(短日、長日では花芽形成せず、ある範囲のみで着花)、

その他にキク科のように日長でも日短でも花芽形成するが中間の日長では花芽形成しない植物もあります。

これらを応用し光周反応の開花調整が人工的に行われています。

電照による明期延長、光中断などの方法で電照栽培が可能で50lx以上、可視光線領域は400nm~800nmで光合成に有効な波長は青色と赤色域が影響するとされています。

ここの最後に、日長などの情報を感知するのは葉から茎へと伝えられ花芽形成を誘導する物質はフロリゲンだということを覚えておいてください。

ありがとうございました。

広告

立春すぎても春遠し・覚醒

植物の多くは休眠は温度や水分など環境が整っていても、それぞれの事情で生長や発芽を抑制します。

これは植物の休眠が生育に不適な環境を乗り越えるために発達させた能力で、生育が停止もしくは生育がきわめて緩慢な状態で過ごすことは生理的・形態的防御機構なのです。

植物が枯れているのか、休眠しているのかは見た目では中々判断できません。

植物の内的原因による休眠「自発的休眠・自然休眠」もあれば、環境条件の不適「強制休眠・他発休眠」もあり、また結実後の種子や球根は良好な環境条件であっても発芽せず休眠状態にあります。

花木が冬に芽を出し冬越えのため休眠期に芽をだすこともありますが、多年草にはロゼットを作って生長を止めて越冬するための休眠状態などは見た目にわかりやすい方です。

ロゼットとはロゼット洗顔何とか…ではありませんよ、バラの花びらのように放射状や螺旋状配列するものに由来した用語で、多年草で地面に葉を広げた状態で茎がほとんど無く生育が停止しているように越冬します。

例えばタンポポ、オオバコ、などですが、これら植物は背が高くないので生き残るため、人の最も身近な場所で雑草となり生存してきました。

生育による不良環境の中、耐性を高めるためロゼットを形成した植物は沢山あります。宿根カスミソウ、マーガレット、ミヤコワスレなど。

明確な温周性を持つ植物は四季の中でそれぞれに適した時期に変化を感じ取る仕組みを持っており、休眠覚醒、萌芽、花芽分化しますが「植物の低温による春化」や、光周性が役立たない種子などは「種子の低温処理による春化」などで開花を自在に促成する技術が進められています。

もちろん「光周性」も植物が四季を感じ取り花芽分化、落葉、冬芽形成、休眠、球根形成など様々な形態形成を制御する性質ですが、それについては次回にいたしましょう。

ありがとうございました。