清浄明潔・品種

4月は清明、万物はみな清らかに清々しく明るく美しいころ。
新入学の子供たちや新入社員の初々しいスーツ姿も春らしい情景です。

4月は清明、万物はみな清らかに清々しく明るく美しいころ。

新入学の子供たちや新 入社員の初々しいスーツ姿も春らしい情景です。

初めてお給料をもらった頃が懐かしい、今となっては遠い昔の出来事、あの頃の清々しい姿は何処へやら。

人は年を取ると変わりますが、生き物はみなようゆうものなので、良く変わった方も悪く変わった方も気を落とさずに、頑張りましょう!

植物も例外なく年々変わってきています。

勿論人の手で意図的に改良するものも、自然天然のものも変化するんですよ。

ジョゼフ・ピトン・トゥルヌフォールという人が昔植物を草と木に分け、さらに花の形で綱を分け植物分類の基本の考え方が出来上がりました。

植物は網(classe)、目(section)、属(genre)と分けられ、その後リンネ、ブラウン、ホーフマイスター、ジョシューなど有名な方々が一生懸命頑張っていただいて気の遠くなるような数を分類していただきました。

そのほとんどは19世紀半ばに出来上がり後にダーウィンによる進化論で分類学が大きな発展をすることになりますが、1990年代以降はDNA解析で分類の組なおしが繰り返し今後も続いてゆくのでしょうか。

園芸作物の品種、改良、育苗、繁殖の歴史はメンデルさんが大きく法則を変え発展させるのですが、近年このメンデルの法則を要しない遺伝子組換えが常識を覆す品種を次々と生み出す事となり、品種の特許出願が企業や公共団体の占める割合も増えているようです。

因みに品種登録すると一般作物で20年、永年作物で25年品種保護が保証されます。

ゲノム細胞・品種

凄いぞ原核生物!大腸菌、ネンジュモ、アオコ、みんな嫌われ者ばかりじゃないか!

ゲノム(遺伝子)編集は今、CRISPRの応用により最も確実で簡単にクローンを作り出す事が可能になりました。

凄いというか恐ろしいというか、『神の領域』といわれノーベル賞候補に間違いなく上がると思われます。

元々は単細胞から発見されたようです。

凄いぞ原核生物!大腸菌、ネンジュモ、アオコ、みんな嫌われ者ばかりじゃないか!


これから世の中のものは一体どうなってしまうのでしょうか、ルールは守りましょうね。

メンデルさんから受け継がれた法則は要しない次元にあり、なおさら遺伝資源の重要性が求められる時代になってきました。

近年DNAを使った分類化も正確に整理されてきました。

「他人のそら似的なもの」や「同属の変わりもの的なもの」も関係が把握できてきたので誤解もなくなるでしょう。

植物の分類と名前にはルールがありますが、植物学では自然分類法、園芸学では人為分類法と複雑です。

・二名法:Homo sapiens (知能ある唯一の)イタリック体と、L(人物)ローマン体をヒトの学名から。

名詞、形容詞、人物名と決められている。

Homoの部分を属名(必ず大文字で始まる)+sapiensの部分を種小名+Lの部分を命名者。

分類学の父カール・フォン・リンネのLが唯一の人物であることを表したLなのであります。

あと、科というのがあります。

科とは属の集合体、形態の差は科間は大きく、属間は小さく総じて分類群、科>属>種の順番です。

春に3日の晴れアリ?・球根

春は寒い冬から、暖かくなるとともに、天気は周期的に変わるようになり、晴天が長く続かないことを表して
『春に三日の晴れなし』という言葉があります。

春は寒い冬から、暖かくなるとともに、天気は周期的に変わるようになり、晴天が長く続かないことを表して

『春に三日の晴れなし』という言葉があります。

今年はこの言葉は当らないようで、連日晴天夏日のような状態が続き寒さが苦手な方にはうれしい天気です。

ところで桜の開花にはどのように影響してくるのでしょうか、『桜600度の法則』はご存知でしょう。


バラ科桜属は日本が世界で最も美しい分布の中心であり多くの園芸種も育成されています。

沖縄のカンヒザクラが1月から始まり続いてヒガンザクラ、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラと気温の上昇で次々咲き始め南から北へサクラ前線が形成されます。


・春の花といえば球根植物が活躍する季節でもあります。

球根は宿根草の性質を持ち不適な環境では低温、乾燥などで乗り切り養分の貯蔵器官が肥厚していることが特徴的です。

球根の種類は鱗茎、塊茎、球茎、根茎、塊根とあり食材にも多く登場してきます。

球根という言葉は園芸用語で、日本独自の用語です。