コオニユリ

コオニユリ

開花時期
7月、8月、9月
花の色
黄、赤
名前の読み
こおにゆり
分布
北海道から九州、
朝鮮半島や中国、アムール地方
生育地
山地の少し湿った場所
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
1~2メートル
分類
ユリ科 ユリ属
学名
Lilium leichtlinii var. tigrinum
花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄赤色の花を下向きに2~10輪くらいつける。
花被片は6枚あり、披針形で上部がそり返る。
花被片の内側には黒紫色の斑が散りばめたように入る。
葉の特徴
葉は線状の披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は鋭く尖り、つけ根の部分はくさび形である。
葉脈は並行脈である。
葉には柄はなく、茎を抱く。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
近縁種のオニユリ(鬼百合)は中国から渡来したものと考えられている。
両者の違いは、本種のほうが花が小さく、珠芽(むかご)がつかないことで区別できる。
属名の Lilium はギリシャ語の「leirion(白)」からきている。マドンナリリーの白い花を念頭に名づけられたものである。
変種名の tigrinum は「虎のような斑紋のある」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中