クルマユリ

クルマユリ

開花時期
7月、8月、9月
花の色
オレンジ、赤、他
名前の読み
くるまゆり
分布
北海道から本州の中部地方
四国の剣山にも隔離分布
朝鮮半島や中国
生育地
亜高山から高山の草地
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
30~80センチ
分類
ユリ科 ユリ属
学名
Lilium medeoloides
花の特徴
茎先に赤橙色をした花を1輪ないし数輪、横向きないし斜め下向きにつける。
花径は3センチから4センチで、花びら(花披片)は先が強く反り返り、濃い色の斑がある。
花粉は赤褐色をしている。
花の姿はオニユリ(鬼百合)やコオニユリ(小鬼百合)に似ている。
葉の特徴
茎の中央より下側に、柄のない細長い葉が1段から3段輪生する。
茎の上部には小さな葉が互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
和名の由来は、葉の様子を車輪にたとえたものである。
属名の Lilium はギリシャ語の「leirion(白)」からきている。マドンナリリーの白い花を念頭に名づけられたものである。
種小名の medeoloides は「メデオラ属(Medeola)に似た」という意味である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中