キツネノカミソリ(リコリス)

キツネノカミソリ(リコリス)

開花時期
8月、9月
花の色
オレンジ
名前の読み
きつねのかみそり(りこりす)
分布
本州から九州
生育地
山野
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
30~45センチ
分類
ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
学名
Lycoris sanguinea
花の特徴
葉が枯れた後に花茎を伸ばし、オレンジ色の漏斗形をした花を3~5輪つける。
花びら(花被片)は6枚あり、内側に3枚、外側に3枚で構成される。
花びらは斜めに出てあまり反り返らない。
雄しべは6本あり、花びらと同じくらいの長さで、先に花粉をつけている。
雌しべは1本で、雄しべよりも長い。
葉の特徴
早春からスイセン(水仙)に似た線形の葉をつけ、夏草が茂るころには葉が枯れる。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
有毒植物だが、鱗茎を生薬の石蒜(せきさん)といい、催吐、去痰薬とする。
和名の由来は、葉の形を「狐の剃刀」に見立てたものである。
属名の Lycoris はギリシャ神話の海の女神「リコリス(Lycoris)」の名からきている。花の美しさを称えて名づけられた。
種小名の sanguinea は「血のように赤い」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中