オミナエシ

オミナエシ

開花時期
7月、8月、9月、10月
花の色

名前の読み
おみなえし
分布
北海道から九州
朝鮮半島、中国、シベリア
生育地
山野や土手
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
60~100センチ
分類
オミナエシ科 オミナエシ属
学名
Patrinia scabiosaefolia
花の特徴
茎の上部で枝分かれをして散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、黄色い小さな花が群がり咲く。
1つ1つの花は合弁花で、先が5つに裂けている。
裂片の先は丸い。
葉の特徴
葉は向かい合って生え(対生)、羽状の切れ込みがある。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
この花について

その他
オミナエシは秋の七草の一つであり、万葉集にも登場する花である。
薬用にもなり、解熱や消炎の効果がある。
俳句の季語は秋である。
属名の Patrinia はフランスの植物採集家「パトラン(E. L. M. Patrin)」の名からきている。
種小名の scabiosaefolia は採集家「マツムシソウ属のような葉の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中