オニタビラコ

オニタビラコ

開花時期
4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月
花の色

名前の読み
おにたびらこ
分布
北海道から沖縄
朝鮮半島、中国
生育地
道ばた、空き地
植物のタイプ
越年草
大きさ・高さ
10~100センチ
分類
キク科 オニタビラコ属
学名
Youngia japonica
花の特徴
茎の上部を枝分かれさせて、それぞれに散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)をつける。
花は花径6~8ミリくらいの小さな黄色い頭花である。
頭花は舌状花のみからなり、舌状花の数は18~30枚くらいと多い。
舌状花の先は5つに裂ける。
葉の特徴
葉には茎につく葉と根際から生える葉がある。
茎につく葉は小さくて2~3枚つき、紫褐色を帯びた毛が生えている。
根際から生える葉は長い楕円形で縁が深く切れ込み、ロゼット状となる。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(1つの種子しかなく開かないもの)で、白い冠毛がつく。
この花について
生育地の環境で草丈は大きく異なる。
茎は中空で、白い毛が生える。
その他
和名の由来は、コオニタビラコに似て大きいことからきている。
「田平子」は、葉が放射状に伸びて田んぼに平らに張りつくというところからつけられた名前である。
属名の Youngia はアメリカの植物学者「ヤング(R. A. Young)さん」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中