イタドリ

イタドリ

開花時期
8月、9月、10月
花の色

名前の読み
いたどり
分布
北海道から沖縄
朝鮮半島、台湾、中国
生育地
道ばたや荒地
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
150~200センチ
分類
タデ科 イタドリ属
学名
Reynoutria japonica
花の特徴
雌雄異株である。
白い小花を穂状にたくさんつける。
雄花は漏斗形で先が5つに裂け、花粉が見える。
雌花は先が5つに裂け、中に3本の花柱(雌しべ)が見える。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根の部分は水平である。
近縁種のオオイタドリは心形なので、ここで見分ける。
実の特徴
雌花の後には、3つの稜がある長いハート形のそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)ができる。
この花について
茎には節ごとに赤い斑紋が入る。
この茎に入る模様を虎の縞模様に見立てたのが「虎杖」の文字を充てた由来である。
その他
茎は太く中空で、春に出始めた茎は生食したり漬け物にしたりする。
若い茎はかじると酸っぱいので「スカンポ」とも呼ばれる。
和名の由来は、疼(いた)みを取り去る効果があるので「疼取」と名づけられたとされる。
根茎は生薬で虎杖根(こじょうこん)といい、利尿、通経剤として用いられる。
俳句では、「虎杖」が春の季語、「虎杖の花」が夏の季語である。
属名の Reynoutria は「Reynoutre」という人名に由来する。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。

広告