アメリカデイゴ

アメリカデイゴ

開花時期
6月、7月、8月、9月
花の色

名前の読み
あめりかでいご
分布
ブラジル
生育地
平地 植栽
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
1~5メートル
分類
マメ科 デイゴ属
学名
Erythrina crista-galli
花の特徴
雌雄同株である。
新しい枝の先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、鮮紅色の蝶形の花をつける。
雄しべは先のほうまで合着し、そこで分かれる。
葉の特徴
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生え(互生)。
小葉り形は卵形である。
葉の柄や葉の裏面などに棘がある。
実の特徴
豆果(莢の中に種子が入るもの)
この花について

その他
日本へは江戸時代に渡来した。
和名はカイコウズという。
アルゼンチンとウルグアイの国花で、日本では鹿児島県の県花となっている。

広告