アサガオ

アサガオ

開花時期
7月、8月、9月、10月
花の色
ピンク、青、紫、他
名前の読み
あさがお
分布
熱帯アジア
日本へは奈良時代に中国を経由して薬草として渡来した。
生育地
庭植え、鉢植え
植物のタイプ
つる性
大きさ・高さ
1~5メートル
分類
ヒルガオ科 サツマイモ属
学名
Ipomoea nil
花の特徴
早朝に漏斗形の花を開き、昼前にしぼんでしまう。
ただし、日陰にある場合は夕方まで咲き続けることもある。
花柄には小さな苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)がある。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
葉の特徴
葉はほこ形で、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
さく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)
この花について
江戸時代に入ってから観賞用として急速に広まり、様々な改良品種がつくられた。
種子を生薬で牽牛子(けんごし)といい、利尿剤、下剤とする。
俳句の季語は秋である。

広告