トサミズキ

トサミズキ

開花時期
3月、4月
花の色

名前の読み
とさみずき
分布
高知県の固有種
生育地
蛇紋岩地の林の中、 公園樹
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
2~4メートル
分類
マンサク科 トサミズキ属
学名
Corylopsis spicata
花の特徴
葉の展開に先立って花を咲かせる。
穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)で、垂れ下がるように花をつける。
花の色は淡い黄色である。
花弁は5枚、萼片も5枚である。
雄しべは花弁と同じくらいかそれよりも長い。
裂開する前の葯(雄しべの花粉を入れる袋)は暗い紅色をしている。
雌しべは2本で花弁より長く、蕾のときは花の外に出る。
葉の特徴
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉には柄があってつけ根は心形、先はやや尖る。
葉の縁には波状のぎざぎざ(鋸歯)があり、葉の裏面には毛が生える。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Corylopsis はギリシャ語の「Corylus(ハシバミ属)+opsis(似た)」からきている。葉の形が似ていることから名づけた。
種小名の spicata は「穂状の」という意味である。
その他
記録としては、埼玉県の秩父でも採取された標本がある。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
俳句では春の季語である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中