スノーフレーク

スノーフレーク

開花時期
3月、4月、5月
花の色

名前の読み
すのーふれーく
分布
原産地はオーストリア、ハンガリー及びヨーロッパ南部
日本へは昭和時代の初期に渡来
生育地
庭植え
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
40センチ
分類
ヒガンバナ科 スノーフレーク属
学名
Leucojum aestivum
花の特徴
花茎の先に鈴蘭(スズラン)に似た純白の花を5、6輪つける。
花は鐘形で垂れ下がり白色であるが、花弁の先端には緑色の斑点があるのが特徴である。
葉の特徴
根際から生える葉は細長い線形である。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
和名は大待雪草(オオマツユキソウ)である。
スノードロップ(和名:待雪草)に似ていて、大きいことからつけられた名である。
また、鈴蘭水仙(スズランズイセン)という別称もある。
これは、鈴蘭(スズラン)のような花が咲かせ、水仙(スイセン)のような姿をしていることから名づけられたものである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中