ギョリュウバイ

ギョリュウバイ

花の特徴
花径は1~2センチで、5弁花である。
雄しべは5本である。
花の色は赤、ピンク、白などがあり、一重咲きと八重咲きがある。
葉の特徴
葉は長さ1~2センチの幅の広い線形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は鋭く尖り、赤味がかっていて、よい香りがする。
英名はティーツリー(tea tree)だが、これはおその他の代わりに飲用したことからついた名である。
枝には棘がある。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
ニュージーランドの国花である。
葉の形が「御柳」に似て「梅」のような花を咲かせるというのが名の由来である。
蜂蜜の蜜源ともなっている。
属名の Leptospermum はギリシャ語の「leptos(細長い)+spermum(種子)」からきている。
種小名の scoparium は「箒状の」という意味である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中