カランコエ

カランコエ

花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、小さな花をたくさんつける。
花弁は4枚である。
花の色は赤、ピンク、黄色、オレンジ色など多彩である。
葉の特徴
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には丸いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質は肉厚で、明るい緑色をしている。
実の特徴

この花について

その他
カランコエの仲間は種類が多いが、普通カランコエといえば、ベニベンケイ(Kalanchoe blossfeldiana)の改良種をさす。
属名の Kalanchoe は、中国名の「加籃菜」の音に由来するという説がある。
種小名の blossfeldiana は「(品種改良をした)ブロスフェルト商会の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中