ガクアジサイ

ガクアジサイ

開花時期
5月、6月、7月
花の色
白、ピンク、紫
名前の読み
がくあじさい
分布
原産地は日本
関東地方、中部地方、伊豆諸島、小笠原諸島など
生育地
暖地の海岸の斜面
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
2~3メートル
分類
ユキノシタ科 アジサイ属
学名
Hydrangea macrophylla
花の特徴
花序の周辺には4~5枚の花びら(萼片)からなる装飾花がある。
装飾花は花径が4~5センチと大きい。
中央部は両性花になっている。
両性花は花径1センチにも満たない5弁花である。
花の色は白、淡い紅紫、淡い青紫などである。
葉の特徴
葉は卵形で厚く、向かい合って生える(対生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
分類体系によってはアジサイ科とされる。
本種を改良して装飾花だけにしたものがアジサイである。
俳句では「額の花」が夏の季語である。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中