カラスビシャク

カラスビシャク

開花時期
5月、6月、7月、8月
花の色

名前の読み
からすびしゃく
分布
日本全土に分布
朝鮮半島、中国
生育地
田畑や道ばた、草地
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
30~40センチ
分類
サトイモ科 ハンゲ属
学名
Pinellia ternata
花の特徴
花茎は葉の根元で分かれ、葉より高く伸びる。
そして花茎の先端に長さ6~7センチくらいの筒状で上部が開いた緑色の苞(仏炎苞)をつける。
仏炎苞に包まれるようにして棒状の肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出す。
葉の特徴
葉には10センチくらいの長い柄があって根元から立ち上がり、3枚の小葉が1組の葉を2~3枚つける。
1つの小葉の長さは5~10センチくらいの長い楕円形で、先端は尖っている。
葉柄の中ほどにはムカゴをつける。
実の特徴
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
この花について

その他
和名の由来は、仏炎苞を「柄杓」に見立て、人が使うには小さいということで名づけられた。
塊茎は半夏(はんげ)という生薬に用いられる。
鎮吐作用があり、半夏湯(はんげとう)などの漢方薬に配合される。
俳句の季語は夏である。
属名の Pinellia はイタリアの植物学者「ピネリ(G. V. Pinelli)さん」の名からきている。
種小名の ternata は「三数の」という意味である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中