カマツカ(ウシゴロシ)

カマツカ(ウシゴロシ)

開花時期
4月、5月、6月
花の色

名前の読み
かまつか(うしごろし)
分布
北海道から九州
朝鮮半島や中国
生育地
山地の林の縁
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
5~7メートル
分類
バラ科 カマツカ属
学名
Pourthiaea villosa var. laevis
花の特徴
短枝の先に複数の散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、花径1センチくらいの白い小さな花をたくさんつける。
花びらは5枚で丸い。
雄しべは20本である。
葯(雄しべの花粉を入れる袋)の色は白から黒に変わる。
雌しべの柱頭は3つに裂け、つけ根の部分には白い毛が密生する。
葉の特徴
葉は楕円形で、長枝では互い違いに生え(互生)、短枝では3枚が輪生する。
葉の先は鋭く尖り、縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は淡い緑色で、裏面は灰白色を帯びる。
実の特徴
花の後にできる実はナシ状果で、秋に赤く熟する。
この花について
枝は毎年伸びる長枝と、ほとんど伸びない短枝とがある。
その他
材が硬くて丈夫なため鎌の柄などに使われた。
それが和名の由来でもある。
別名をウシゴロシ(牛殺し)ともいう。
この名は、材を牛の鼻環に使ったことからきている。
秋には紅葉をする。
属名の Pourthiaea はフランスの宣教師「プルーチェ(Pourthie)さん」の名からきている。
種小名の villosa は「軟毛のある」という意味である。
変種名の laevis は「無毛で、なめらかな艶を持つ」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中