オニゲシ(オリエンタルポピー)

オニゲシ(オリエンタルポピー)

開花時期
5月、6月
花の色
白、オレンジ、赤
名前の読み
おにげし(おりえんたるぽぴー)
分布
原産地は西南アジア
生育地
庭植え
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
50~100センチ
分類
ケシ科 ケシ属
学名
Papaver orientale
花の特徴
花びらは4枚から6枚で、花びらの根元に黒いの斑点があるものとないものがある。
花径は10センチから15センチくらいである。
花の色は白、淡い紅色、濃い紅色、橙色などがある。
葉の特徴
根際から生える葉は濃い緑色で、羽状に深く切れ込む。葉や茎全体が白く硬い毛で覆われている。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、表面に毛がなく、青緑色をしている。
この花について

その他
英名はオリエンタルポピー(Oriental poppy)である。
耐寒性があるが高温多湿を嫌うので、暖地にはあまり向いていない。
北海道ではあちこちで植えているのを見た。
属名の Papaver はラテン語の「papa(幼児に与える粥)」からきている。ケシの乳汁に催眠作用があるため、粥に混ぜて子どもを寝かせたという。
種小名の orientale は「東方の(中近東の)」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中