オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ

開花時期
5月、6月、7月
花の色

名前の読み
おおやまれんげ
分布
本州の関東地方から九州
生育地
山地の林の中
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
2~4メートル
分類
モクレン科 モクレン属
学名
Magnolia sieboldii subsp. japonica
花の特徴
花径は5~10センチくらいあって大形である。
香りの良い白い花を下向きにつける。
花被片は多くて9枚くらいである。
花の中心部には紅色の雄しべがたくさんある。
葉の特徴
葉は楕円形で、ぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の柄の長さは20~50ミリくらいで、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)の集合果である。
この花について

その他
属名の Magnolia はフランスの植物学者「マニョルさん(P. Magnol)」の名にちなむ。
種小名の sieboldii は日本植物の研究者「シーボルトの」という意味である。
亜種名の japonica は「日本の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中