オオバコ(シャゼンソウ)

オオバコ(シャゼンソウ)

開花時期
4月、5月、6月、7月、8月、9月
花の色

名前の読み
おおばこ(しゃぜんそう)
分布
日本各地
アジアの冷帯から熱帯にかけて広く分布
生育地
道ばたや空地など
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
10~50センチ
分類
オオバコ科 オオバコ属
学名
Plantago asiatica
花の特徴
花茎を伸ばし、穂状に白い花を密集してつける。
葉の特徴
根際から生える葉は卵形で、縁が波打つ。
実の特徴
花の後にできる実はがい果(中央で横に割れ、上部が蓋のようにはずれて種子をこぼす)である。
この花について
葉や花茎には踏みつけに適応できる丈夫な維管束が発達しており、適度な踏みつけによって生き延びることができる。
その他
漢字では「車前草」とも書く。
全草を乾燥させたものを生薬で車前草(しゃぜんそう)、葉と種子を乾燥させたものを車前葉(しゃぜんよう)、車前子(しゃぜんし)といい、それぞれ消炎、利尿、止瀉などの薬効がある。
俳句では「車前草の花」が夏の季語である。
属名の Plantago はライン語の「planta(足跡)」からきている。大きな葉から名づけられた。
種小名の asiatica は「アジアの」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中