オオケタデ(オオベニタデ)

オオケタデ(オオベニタデ)

開花時期
6月、7月、8月、9月、10月
花の色
ピンク、赤
名前の読み
おおけたで(おおべにたで)
分布
原産地は中国、インド、マレーシアなど
日本へは江戸時代に観賞用として渡来
今では野生化して北海道から沖縄にかけて分布
生育地
道ばたや空き地、土手など
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
1~2メートル
分類
タデ科 イヌタデ属
学名
Persicaria orientalis
花の特徴
花径6ミリから7ミリの紅紫色の小さな花が集まり、穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)となる。
イヌタデを大きくしたような花である。
先の丸い花びらが5枚あるが、花びらは花弁ではなく萼片である。
葉の特徴
葉は卵形で先が尖り、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
この花について
茎に毛が多いのが特徴で、名の由来にもなっている。
その他
属名の Persicaria はラテン語の「persica(モモ)」からきている。この属の植物の葉がモモの葉に似ていることから名づけられた。
種小名の orientalis は「東方の(中近東の)」という意味である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中