ウメモドキ

ウメモドキ

開花時期
6月、7月
花の色
白、紫
名前の読み
うめもどき
分布
日本固有種
本州から九州
生育地
山地の湿地 庭木
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
2~3メートル
分類
モチノキ科 モチノキ属
学名
Ilex serrata
花の特徴
雌雄異株である。
葉の脇に淡い紫色ないし白の小さな花をつける。
花弁数は4枚である。
雄花には4本の雄しべがある。
雌花には雌しべと一緒に小さな雄しべが4本ある。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には小さな尖ったぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋には真っ赤に熟する。
実の色が黄色や白の品種もある。
この花について

その他
和名の由来は梅に似ているということなのだが、どが似ているかには諸説があるという。
俳句の季語は秋である。
属名の Ilex はholly(セイヨウヒイラギ)の古代ラテン名からきている。
種小名の serrata は「鋸歯のある」という意味である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中