アフリカン・マリーゴールド

アフリカン・マリーゴールド

花の特徴
茎先に花径が5~10センチくらいある大きなボール状の花を1輪ずつつける。
花の色は黄色ないしオレンジ色である。
葉の特徴
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は披針形である。
小葉の縁には黒点が並び、臭気がある。
実の特徴
そう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)で、毛が密生する。
この花について
茎は直立し、上部で枝分かれをする。
茎に毛は生えていない。
その他
和名はセンジュギクという。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中