ローズマリー

ローズマリー

開花時期
1月、2月、3月、4月、5月、11月、12月
花の色

名前の読み
ろーずまりー
分布
原産地は地中海沿岸地方
日本へは中国を経由して江戸時代の末期に渡来
生育地
庭木
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
30~200cm 立性のものと匍匐性のものがある。
分類
シソ科 マンネンロウ属
学名
Rosmarinus officinalis
花の特徴
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、鮮やかな青い唇形の花をつける。
葉の特徴
葉は線形で、向かい合って生える(対生)。
葉には柄はなく、縁は内側に巻いている。
葉の表面は濃い緑色で、裏面は短い毛が生えていて白っぽい。
実の特徴
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックかになる。
この花について

その他
日本へは中国を経由して江戸時代の末期に渡来した。
和名は迷迭香(マンネンロウ)という。
属名の Rosmarinus はラテン語で「海の滴」という意味をもつ。
全体に良い香りがあり、枝や葉を香料に用いる代表的なハーブである。

広告