ユーフォルビア・フルゲンス

ユーフォルビア・フルゲンス

開花時期
1月、11月、12月
花の色
オレンジ、赤
名前の読み
ゆーふぉるびあ・ふるげんす
分布
メキシコ原産
生育地
鉢植え
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
150~200cm
分類
トウダイグサ科 ユーフォルビア属
学名
Euphorbia fulgens
花の特徴
細く枝垂れた枝の葉腋からでた集散状の花枝の先に数個の朱赤色の小さな花をつける。5個の花弁のように見える苞は、美しい緋色であるが、桃色、白色などの園芸品種もある。
葉の特徴
葉は楕円状の細長い披針形で、長い葉柄を持ち、全縁で互生する。
実の特徴
蒴果
この花について
ユーフォルビア属は約2000種程が世界に分布しており、多肉植物として扱われるものなど、分布地域により形態も多様である。栽培種には、ポインセチア、ハナキリン、初雪草などがある。学名は、古代北アフリカのマウレタニアの王ユバの侍医エウポルボスにちなむといわれている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中