ヒイラギ

ヒイラギ

開花時期
11月、12月
花の色

名前の読み
ひいらぎ
分布
本州の福島県から沖縄
海外では、台湾にも自生している。
生育地
低地の林の中
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
1~3メートル
分類
モクセイ科 モクセイ属
学名
Osmanthus heterophyllus
花の特徴
葉に脇に白い花をつける。
花は鐘形で4つに深く裂ける。
葉の特徴
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉には艶がある。
実の特徴
実は翌年の初夏に黒く熟する。
この花について

その他
名の由来は、「ひいらぐ」という古語から来ている。
ズキズキするほど痛いという意味なのだそうである。
生垣に使われたり、魔よけに使われたりしている。
ただし、老木になると葉の棘は次第になくなってしまう。
樹高が高くなると、草食動物などに食べられてしまう心配がなくなるからなのだという。
材は堅く、櫛や算盤玉に用いられる。