ネリネ(ダイヤモンドリリー)

ネリネ(ダイヤモンドリリー)

開花時期
10月、11月、12月
花の色
白、オレンジ、ピンク、赤
名前の読み
ねりね(だいやもんどりりー)
分布
原産地は南アフリカ。
主にイギリスで品種改良。
日本へは大正時代の末期に渡来。
生育地
庭植え、 切り花
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
30~50センチ
分類
ヒガンバナ科 ネリネ属
学名
Nerine spp.
花の特徴
1本の茎に10輪くらいの花がつく。
花びら(花被片)には艶があり、花径は5、6センチくらいである。
花の色は白、ピンク、赤、朱色などがある。
花もちがよく、切り花などによく使われる。
葉の特徴
葉は線形で、翌年の初夏まで残る。
実の特徴

この花について
英名をダイヤモンドリリー(diamond lily)という。
属名の Nerine はギリシャ神話の海の女神「ネレイス(Nereis)」からきている。
その他
彼岸花(ヒガンバナ)に似ているが花茎が中空ではなく、花もやや小さい。
また、花が咲くときに葉も出ている。