スプレーマム

スプレーマム

開花時期
1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
花の色
白、黄、オレンジ、ピンク、赤、緑
名前の読み
すぷれーまむ
分布
1940年代アメリカで作出された。
生育地
庭植え、鉢植え
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
30~80センチ
分類
キク科 キク属
学名
Chrysanthemum×morifolium
花の特徴
花径3~6㎝くらいで、先が分かれた枝(スプレー)につくつぼみを摘蕾しないので、小枝の先に多数の花をつける1茎多花咲きの園芸品種。
葉の特徴
楕円形で羽状の切れ込みがある。
実の特徴
乾果
この花について
1940年代アメリカで作出され、ヨーロッパへ渡った。日本には1974年ころ導入された園芸品種で、仏花などの需要により周年供給されるとともに、色彩、咲き方なども多種多様な花が揃っている。