スイセン・ティタティタ

スイセン・ティタティタ

開花時期
1月、2月、3月、12月
花の色

名前の読み
すいせん・てぃたてぃた
分布
園芸品種(スイセンは地中海沿岸、スペイン、ポルトガル、北アフリカから中国、日本にまで分布している。)
生育地
庭植え(花壇)、鉢植え(海岸近くの草地)
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
10~20cm
分類
ヒガンバナ科 スイセン属
学名
Narcissus cyclamineus cv. Tete a tete
花の特徴
花径は3~4cmで花被片が後ろに反転するシクラメン咲きで、細い花茎の先に1花をつけ、副花冠(ラッパ部)はオレンジ~黄色、花被片は黄色でありラッパ部と花被片は等長である。
葉の特徴
鱗茎の中心から花茎を出し、周囲に2~5個の線形の葉を出す。
実の特徴
瘦果
この花について
1万品種以上もある水仙の園芸品種は、花の形や原種の系統によって分類され、この花は第6群シクラミニウス系に区分されている小型の水仙である。雪中花の別名もあり、カナ表記はテータテート、ティタテイトなどがある。ギリシャ神話の美少年ナルシッサスから取った学名「Narcissus」はよく知られている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中