コバノセンナ(カッシア)

コバノセンナ(カッシア)

開花時期
10月、11月、12月
花の色

名前の読み
こばのせんな(かっしあ)
分布
原産地はペルー、ボリビア、パラグアイ、ブラジルなど
九州や沖縄では公園樹として植栽
生育地
公園樹
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
1~2メートル
分類
マメ科 センナ属
学名
Senna pendula
花の特徴
花径は3、4センチの黄色い5弁花である。
2本の湾曲した雄しべが特徴である。
葉の特徴
葉は偶数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)である。
小葉は長さ2、3センチの細長い楕円形で、縁が肥厚している。
夕方になると葉を閉じる。
実の特徴
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
この花について

その他
分類体系によってはジャケツイバラ科とされる。
英名はスクランブルエッグ(scrambled eggs) である。
属名の Senna はアラビア語の「sana(耳)」からきている。莢が耳の形に似ていることから名づけられた。
種小名の pendula は「下垂の」という意味である。